FC2ブログ

さびしさの方程式

Equation of loneliness

 昨今、草食系男子肉食系女子といった言葉が流行っているが、草食とか肉食とか、○○男子とか、そういう安易なレッテル貼りは正直どうかと思うことがある、またそれが若年者差別-エイジズムにつながってるところもあるんじゃないかと思う。
 若者というのはそれこそ古代ギリシャの時代から最近の若者は~と言われ続けてきたように、上の世代からレッテル貼りをされやすいし、そうすることでしか若者を理解できない上の世代というものもまたあるのだろう。
 もしもの話だが、草食系男子でなく肉食系男子という言葉が流行ってたらこう言われていただろうか。

-最近の若者の性風俗は乱れすぎている-

 恋愛や結婚にあまり興味がないというのは、この不況下というのもあるし、恋愛や結婚というもの自体にあまりお金を使いたくないという意識はある意味ではあるのかもしれない。
 それよりは自分の好きなことに使いたいという意識。
 また、派遣切りとか不況下で皆自分が生きる為の現実に必死なんだと思う。
 他人の幸せまで背負う、ということができないのではないだろうか。

 それとは逆に少子化の影響もあるのか、コンカツなどと騒いでるのを見ると、なんだか必死だなと思う。

 ところで、これと似た現象が毎年春必ず出てくる。
 今年の新入社員のタイプというやつである。
 カーリング型やらエコバッグ型やらのあれ。

入社年度別新入社員タイプ一覧

 だけれども、わざわざこうして毎年新入社員のタイプを決めないと管理しきれないのだろうか?むしろそういう安易なレッテル貼りは単一的なものの見方にしかつながらないのではないだろうか?
 とは言え、型に嵌めることで理解できないものを無理矢理理解してるように見えないこともないが、やはりそういうレッテル貼りは気持ち悪いことこの上ない。

 自分より下の世代のことや、ずっと上の世代人間を理解するというのは育ってきた時代も違うからなかなか難しいことだけど、型に嵌めて理解をしようとすることは結局の所、互いの齟齬を生むことにしかならないと思うし、それは男女間でも言えることなのだろうと思う。

 でも、これからも生まれ続けるんだろうな、こういう言葉たちは。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

BL小説を5500冊所蔵する堺市立図書館問題 「図書館の自由に関する宣言」で判断| Power2ch

 思い返してみればこういうBLものが沢山あった母校(中、高含め)
 地元図書館にはラノベ自体が少ないからこういうBLものは確かなかったと思うけど、神崎京介とかの官能小説はあったと思う。
 ただ、図書館には資料収集の自由がちゃんと認められていてどんな本でも差別をしてはいけないことになっているから、結局の所どの本を入れるかどうかは司書の裁量に任せられると思う。
 むしろこれをきっかけにどの本がいけないとか言ってると船橋西図書館の事件の様になりかけない危険もあると思う。BL系やエロ系の過激な本を置くっていうのは確かに問題があるかもしれないが、どの本を置いたら行けないって法はないからね。メディア良化法ではあるまいし。
 そういえば中学んときまわりのやつらがシドニー・シェルダンの小説のエロ描写んとこで騒いでたの思い出した。まあ赤川次郎とかも普通にエロ描写あるんだけどね、三毛猫ホームズとか(あれは片山刑事の女性アレルギーを楽しむものだけど)。
 
 図書館での資料閲覧での問題と言えば週刊新潮が少年の実名報道したとき、それを閲覧できるようにするかどうか問題になったことがあったね。結局のとこ各図書館で黒塗りにしたりそのページだけ見れなくしたり、閲覧制限かけたり、問題なく見れたりと対応が分かれたけど。
 こうして考えてみると結構図書館の問題って沢山あることに気づく。地元の図書館でも館内でBGMを流すかどうかでアンケート取って結果公表してた。結局流さないってことで落ち着いたけど。
 駐車場も広さ足りないよね。何故か何もない平日なのに第一も第二も満車だったあの図書館・・・。あれはほんとに謎だった。田舎だからみんな車で来るんでしょうがないとは思うがね。

 それで本題に戻ろうと思うけど、繰り返しになってしまうが図書館にこういう本があるから問題っていうのをマスコミがわざわざ騒ぐっていうこと自体が実は問題だと思う。それは図書館の自由を奪うことにもつながるし、度々焚書事件が起こってしまうことにも何かつながってるんじゃないかと思う。
 市民、利用者からのクレーム、それを聞いて改善していくことは確かに必要なことではあると思うけど、ただそれに全て従っていったらそれこそ勝谷正彦氏の言葉ではないが「馬鹿に合わせる」ことになりかねないと思う。
 利用者の要望にも答えつつ、でも図書館の自由と独立は守っていく。難しいけど図書館に必要なこと。
 そういえば「耳をすませば」の貸し出しカードの描写って実はプライバシー侵害だよね(笑
 あれJLAからも公開当時クレームが寄せられたらしい。図書館としては誰が何を借りているか、他人には絶対教えてはいけないからね。

追記。
この件について詳しいブログがあったのでリンクしておきます。
堺市立図書館の書架から5499冊の図書が消えた!?/知る権利、表現の自由を守ろう! - みどりの一期一会

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

自分のブログなんだから何でも書いていいと思ってるのか知らないけど、誰とは言わないが某有名芸能人で他人の悪口を書いている様な人がいる。
そしてそれを面白おかしく取り上げるメディアがある。
だけど、それを書いて書かれた先の人がどう思うのかは考えない。例え考えていたとしても自分さえよければいい、他人のことは関係ない、またはざまあwwwとでも思っているのだろう。
でも、そんなに誰かのことを悪く書きたいんだったら非公開の自分の日記帳にでも書けばいいと思う。わざわざネットを使って書くなと。
そんなのは陰口よりも質が悪い。特に社会的影響力の強い人がそういうことをするのは常識的に、モラルとしてどうなの?それともずっとそんな世界で生きてきたから社会的常識がないのかな?

我々ブロガーやネットを使う者に一番求められるのはモラルだと思う。
確かに日本には言論の自由がある。だけど書いて良いことと悪いことがある。その区別すらつかない者にネットを使う資格はないと思う。
それこそ半年以上ロムってろと思う。
よくブログ炎上とかで話題になるが、そんな人に限ってモラルがない、常識がない。
まだそれに毅然と、そしてきちんと対応できる人もいるんだろうが、そんな人は少数だ。
大抵の人は逃げたりコメント閉じたりブログを消したり、そして本人特定され晒されてってなる。
まあ、そんなのは特殊な例ではあるが、ネットに於いてもやはり求められるのはモラルであり、思いやりであると思う。これを書いたら書かれた人はどう思うのか。書きたいけど敢えて心の内にしまっておくことも必要なんじゃないかと思う。
どうしても書きたくなったらネットに晒さないで自分の日記帳にでも書いてたらいい。

他人を思いやれないブロガーは、ただのモンスターでしかないと思う。
自分も色々とこれまで失敗してきたからこそ、そして嫌なことだって書かれてきたからこそ今こうして思う。

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

livedoor ニュース - 見るならこの1本 男子校出身“椿姫彩菜”美人モデルの「ナゼ」

普段はヒュンダイもといゲンダイの記事なんてリンクしないんだけど、ちょっと思うことがあったので。
椿姫のこと知ったのは世界仰天ニュースからだったけど(このときは本名の中村有里で出演してた)その特集見た時は思わず泣きそうになってしまった。
この後図書館で本をみっけて読んでみたが、彼女のこれまでの半生が綴られていた。
性の違和感、初恋、親との確執、引きこもり気味になってしまったこと、学校生活、そして命がけのSRS(性別適合手術)。
テレビでは”ニューハーフ”タレントとして紹介されるが、身体も戸籍も女性になってるわけで”ニューハーフ”って紹介されるのも時々どうかと思うことはある。
ただ、セクシャルマイノリティへの偏見は日本でも当然強いものの、まだヘイトクライムが少ないだけマシかもしれない。自由の国アメリカとはいうが、確かにカリフォルニアあたりでは同性婚などが認められていたりする(GIDと同性愛を一緒に扱うのもあれだがセクシャルマイノリティ関連ということで)けれども、やっぱりキリスト教国、そして白人。
そういうものへの差別でヘイトクライムが起きる。(ボーイズドンドクライなど見てみるといいと思う)
一方日本ではなんだかんだでセクシャルマイノリティが生きれる環境はある。
ただ、それでもやっぱり理解は足りないと思う。
セックスはどうするのか、トイレはどうするのか、気持ち悪い、かわいそう・・・、などなどそういう下世話な話がついて回る。椿姫さん自身も自著で聞かれたくないこととしてそういうものを揚げていた。
本当は彼女は”普通の女の子”として生きたいんだとは思うが、テレビ等メディアはそれが面白いのだろう、はるな愛さん等等”ニューハーフタレント”としてわざわざ紹介する。
まあ、メディアの世界ってのはそういうものなんだろう・・・。特に彼女は美人だから。

ジェンダーフリー(この言葉もメディアや偽フェミ団体などによって恣意的に間違った意味で利用されてる)だなんだとふざけたことは言わない。
ただ、セクシャルマイノリティでもそういうものなんだと受け入れて生きれる社会が必要なんだと思う。我々は男・女と二元論で考えがちでグレーゾーンにいる人のことは排除する、それが人間というモノの社会だ。
それ故、性の違和感故に自殺する人もまた多い。

性別というものは社会の仕組みとしてはに二元論であっても生物学的には決して二元論では語れない。
それに合わせた社会をできることころでやっていくこと、それが必要なんじゃないかと思う。
具体的策はまだわかんないけど。

わたし、男子校出身です。わたし、男子校出身です。
(2008/06/10)
椿姫 彩菜

商品詳細を見る

テーマ:女性タレント - ジャンル:アイドル・芸能

ブログのコメント、画像認証にしてるけど結局スパムはくるから意味ないよなあと思う。
禁止設定や画像認証で前よりも減ったけどそれでもやっぱり日に1~2件はくるスパムコメント。
スパムと対策側の追いかけっこだな。
英語スパムにはなんとか対応できてるけど、日本語の対策はもう地道にやってくしかない。
やたらな禁止設定かけちゃうと今度はコメント自体ができなくなるかもしれないのもあってそれも危惧しなきゃいかんし。
だからmixi等SNSに行ってしまう人も多いかもしれないな。

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

【速報】福田首相が辞任、21時半から会見 - GIGAZINE

ええまあ、本日福田首相辞任したわけですが、正直やっと辞めたかって感じだったな。
でも最後の最後まで人のせいだったなあ・・・、自分が辞めるのは民主のせいみたいな。
散々国民を敵に回し続けてきた訳だし、次は自民政権さえやばいかもとは思うけど(解散したらね)
てか先に解散して欲しかった。
民意を問うて欲しかった。

さて、次の政権はこの人の尻ぬぐいになるわけだからちと可哀想ではあるな。
マスコミバッシングに負けないで欲しい。
麻生さんがなるか小池さんがなるかわからんけど。

それにしても最後の中日新聞の質問に対する答えはひどかった・・・。

「Q:総理の会見は国民にとって他人事であるという感想が多かったです。今もそうです。国民全体に与える影響についてどう考えていますか?
A:順調にいけばいいですよ、それにこしたことはない。しかし私の先を見通す目の中には順調ではない可能性がある。また、その状況の中で不測の事態に陥ってはいけない。他人事のようにとあなたはおっしゃいましたが、私は自分自身は客観的に見られるんです、あなたとは違うんです。」

>>あなたとは違うんです。
>>あなたとは違うんです。

仮にも一国の首相の言葉かね。
あの会見自体もだけど。

自分を客観的にとかなんとか言ってたけど、結局最後まで他人事だっただけじゃん。




テーマ:福田首相辞任 - ジャンル:ニュース

聯合ニュース 日本の独島領有権主張は不当、熊本からの訪韓団

こんなニュースをみっけたわけだが、この人らほんとに日本人?
てか、同じ熊本の人間としちゃね、恥ずかしいわ。
幸山さんや熊本市は総連に甘いけど。
竹島周辺でどれだけ日本人漁師が死んでるのかってのも知らないんだろうな・・・。
仮に知ってたとしても、彼らが本当に日本人だったとしたら、もう帰ってこなくていいと思う。

日韓友好(笑)とかなんとか言うけど、他国との友好とこういうのはさ、やっぱ別だと思うし、孔子の言葉に「己の欲せざる処人に施すこと勿れ」ってのがあるけど、個人間はそれでもいいと思う。
ただ、国際問題の場合、某人の言う、相手の嫌がることはしない(結果的には、でも国民の嫌がることはする、になっちゃってるけど)、は絶対やっちゃいけないことだと思う。
それこそ、毅然とした態度に出ないといかんし、何も言わないから他国にもつけ込まれる。
そして国民がこんなことしてるのも許してしまう(まあ、日本人じゃない可能性もあるわけだが)
ただ、この人ら取り締まる法律もないけどね。
やったらやったで思想弾圧とかなんとか。
でも、もし何かあったらすぐに彼の国のスパイ化しそう。

まあ、ともかくも・・・、帰ってくるな。
熊本の恥だ。

思うのはそれだけ。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース



JFNで流れる「恵美子と浩一の往復書簡」っていうCMなんだけど、このCM結構怖い。
最初このCM流れたとき、ACのCMかと思ったし。
昨今、温暖化やらエコやら言ってるのにはなんかもう色々疑問を感じるとこもあり、池田清彦氏の「環境問題のウソ」も楽しく読ませてもらったけど、こういうCM作られると怖くなるな。
だけど、世間はエコエコ騒ぎすぎてエゴになってると思う。
まして車のCMの「エコ」替えなんて「エゴ」替えとしか思わない。
原油高やら何やらで車が売れないご時世、マーケティングのためにはしゃあないとは思うがね。
環境破壊を肯定するわけじゃないが、かといって今ある生活から引き返せるかって、それは無理な話だと思うけど。
でも、何でもかんでも最近は「これも温暖化の影響なんですかね」で済ませてしまうのは正直疑問にしか感じない。
確かに地球はちょっとだけ暖かくなってる。
だがたとえ温暖化して、果たして温暖化だけのせいにできるのか?って問題もあったりする。
例えばツバルやベネチアが水没するって話。水温が上がることにより水が膨張し、結果的に海水面が上がるっていうのもあるかもしれないが、実は地盤沈下が原因だという仮説もある。
また、「温暖化」にしても真犯人は二酸化炭素ではなく太陽黒点が原因ではないか、とか。
南極の氷が溶けて海水面が上がる、というが地球が温暖化すると南極の氷は増える、しかし海水温が上がって水が膨張するから結果的にちょっとだけ海水面は上がる、とか。
反論は仮説に過ぎないが、しかし今言われてる「定説」もまた仮説に過ぎない。
それでエコエコ騒いでるものに疑問も持たずにああそうなんだで終わらせるのはどうなんだろうね。
何もしなくていいってわけじゃないんだろうけど。
でも、温暖化やらエコやらの件で、調べてみると自分たちがメディアにどれだけ騙されているかがよく分かる。
ネットを使った情報は信用ならんともいうが、新聞・テレビの情報もまたあんまりアテにはならない。
なんでもそうなんだで終わらせず、疑問を持つこと。
これって大事だなとほんとに思う。


環境問題のウソ (ちくまプリマー新書)環境問題のウソ (ちくまプリマー新書)
(2006/02)
池田 清彦

商品詳細を見る

テーマ:信じたくない現実についてのあれこれ - ジャンル:

Last.fm

プロフィール

桐生景一

QRコード

携帯版はこちら

ウェブリング

参加ウェブリング

太陽とくしゃみ同盟WEBRING

[prev5|previous|next|next5]

[random|list sites]

最新コメント
どく×あま!
Twitter

フォローお願いします。

最新の記事
月別(表示数指定)

最新トラックバック
カテゴリ
ブログ検索

リンク
Blogpet

可愛がってやってね



RSSフィード

RSSフィードはこちらから

RSS

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧