FC2ブログ

さびしさの方程式

Equation of loneliness

FNNニュース: 年間30万頭の犬や猫が殺処分されている現実とそれを変えようという試みを取材しました。.

今日のニュースJAPAN時代のカルテ三日目は動物たちの殺処分の現実についてだった。
年間31万頭が殺処分されている中で熊本市は殺処分ゼロという目標を掲げて実際に水曜日譲渡会を開いたり等の取り組みで10年前、年間約1000頭殺処分されていたのが今ではゼロである。
その一方で何の悪びれもせず飼育放棄する飼い主も少なくない。
回収車に回収料を払って回収していく。
その中には大きな腫瘍ができた犬やまだ生まれたばかりの犬もいた。

ハハっと悪びれもせず放棄してたあの元飼い主にはかなりムカムカした・・・。
でも、熊本市がこんな取り組みをしてたのは初めて知った。
まあ、熊本市動物愛護センターの目の前にはインターペットというペットショップがあるわけだけど。
一方で隣の福岡市は動物の殺処分数ワーストワンだったりする。
今汚名返上の為にいろいろ取り組みをやってて、それは久留米に住んでるときに夕方のめんたいワイド中「ロココのぬいこ」で見たことがある。

熊本市の取り組みについてはこちらの記事が詳しい。
「殺処分ゼロ」を目指して:熊本からの報告/上 安易な飼育放棄許さず - 毎日jp(毎日新聞)

そしてショッキングだったのが、動物たちの最期の瞬間まで放映されてたこと。
檻の中に入れられ、機械で追い立てられ、小部屋に入れられ、こちらを見つめる目のなんと悲しいことだろう。そして二酸化炭素が注入され、苦しみながら死んでいった。
途中までを見たことはあったが、まさか最期の瞬間までとは思っていなかった。
でも、これも現実・・・。
ショッキングだったけど、警鐘として流して良かったのかもしれない。
かなりきつくて、心にこたえる映像だった・・・。

だけど、こんな現実があることを知るってことが、少しでも不幸な動物たちを減らすのにつながるのかもしれない。
児玉小枝さんの「どうぶつたちへのレクイエム」を読んでみるのもいいと思う。

そういえば以前、こういう特集でどこかの動物愛護センターの職員の人が言ってた。
どうせ捨てに来るのなら、飼い主が自分で二酸化炭素注入のボタンを直接押して欲しい、と。

責任というのは、そういうことだと思う。
過激だがそこまで面倒を看るということが動物を飼うということなのだろう・・・。
もちろん、最期まで飼うことが前提だけど。

どうぶつたちへのレクイエムどうぶつたちへのレクイエム
(2000/01)
児玉 小枝

商品詳細を見る

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

コメント


同感です。
辛く悲しい現実ですね。本当に切なく哀しくなりました。
2009/09/24 00:31URL  なお #-[ 編集]


私も観ました。とても悲しい現実です。↓ちょっと長いですけど読んでもらえたら嬉しいです。

ペットブームの裏で大勢の犬猫が殺されています。じつは日本人は欧米などと比べて極端に幼い犬猫を好むそうです。でも幼い時に母兄弟と別れて子は問題行動を起こしやすく、また販売ルートで病気に感染しやすい、なのに日本人があまりに子犬子猫ばかりを好み「飼い始めるならより幼いほうが良い、可愛いほど良い」が当たり前になっています。
そのため販売側もより幼い子を売ろうとし可愛さばかりアピールするショーケース販売をしているペットショップがほとんどです。窮屈で衛生上もよくないところに幼すぎる犬猫を入れて販売しています。そして安易にただ可愛いというだけで購入する人が後を絶ちません。
欧米では考えられないことです。欧米では既に育って大人になっている犬猫を引き取るとこに何ら抵抗もなく、幼いほどいいなどという考えを持っている人はまずいないそうです。ちゃんと幼い時(社会化期)の大切さをしっています。それに大人の犬猫は前の飼い主にしつけられていてかえって初心者などが飼いやすいそうです(前の飼い主がきちんとした人ならですが)
でも日本ではTVや雑誌で取り上げられるのはやはり幼くて可愛い犬猫ばかりです(視聴率、購買者が獲得できるから)。それを見た人が触発されて安易に幼い犬猫を購入・・・と負の連鎖を繰り返しています。行政に著名を集めて提出したりするのももちろんいいですが、規制が厳しくなれば今度は保健所うではなくその辺に捨てる人が増えかねません。
やはり飼い主のモラルの問題です。メディアにはこういった裏の現状こそ広めて、へたに触発するようなことを報道するのは控えてくれないかと頼むのもいいかもしれません。もちろん法律も厳しくすべきだと思います。    長い文章載せてすみませんでした。
2009/09/24 01:00URL  甘党 #-[ 編集]

>なおさん
本当に哀しくなりました。
何年か前にもNEWS ZEROで同じような特集をやったのですが、その時以上の衝撃でした・・・。
2009/09/24 01:05URL  桐生景一 #-[ 編集]

>甘党さん
書いてることのようなことが、第一回、第二回の特集で放送されてましたね。
ペットショップの裏にはこんな闇がある。
これも知ってもらうべきなんでしょうね・・・。
2009/09/24 01:07URL  桐生景一 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://20flight.blog3.fc2.com/tb.php/1255-f399d4f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Last.fm

プロフィール

桐生景一

QRコード

携帯版はこちら

ウェブリング

参加ウェブリング

太陽とくしゃみ同盟WEBRING

[prev5|previous|next|next5]

[random|list sites]

最新コメント
どく×あま!
Twitter

フォローお願いします。

最新の記事
月別(表示数指定)

最新トラックバック
カテゴリ
ブログ検索

リンク
Blogpet

可愛がってやってね



RSSフィード

RSSフィードはこちらから

RSS

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧