FC2ブログ

さびしさの方程式

Equation of loneliness

あしたの私のつくり方」をレンタルしてきてさっきまで見てた。
うーん、そこそこ面白かったけど、評価的にはちょっと・・・、ってところかな。色々と考えることはあったけど。

あしたの私のつくり方あしたの私のつくり方
(2007/11/09)
成海璃子前田敦子

商品詳細を見る



以下感想なぞ

まず役者の面から。
寿梨役の成海璃子は良かったんだけれども、日南子役の前田敦子。この子の演技というか棒読みというか・・・、まさか最後まであの棒読みが続くとは思わなかった・・・。
喋らなければ結構良い感じには見えたんだけど、特に朗読っていうか、メールの文面読むとこもだし、というかすべてにおいて棒読み。
あれはひどいぞ・・・、成海璃子と一緒に見てるせいか余計に。やっぱ主演二人比較してしまうのは仕方ないし、片や女優、片やアイドルって違いはあるかもしれんが・・・。
それにしてもちょっと・・・あれじゃ感情移入できんがな。
せっかく最初の図書室んとこでいい台詞いってんのに。
そして金井役の桜田通、こちらもまた棒読み。
なんでカップル二人で秒読みなんだよお・・・・。

でもこの映画のテーマは良かったと思う。
本当の自分と演じてる自分。
日南子もコトリの描くヒナを演じていて違和感を感じているような場面があったけど、そうして自分を演じているとどれが本当の自分が分からなくなるよね。
そもそも本当の自分とは何か。
皆が自分に与えられた役を演じている、役者だけでなく。リーダーの役割やいじめっ子の役割、何でもない人の役割・・・。
でもある日突然、演じている役柄が変わってしまう。
なんか、自分もある意味高校までは仲間内以外ではこんな感じだったな、「真面目で寡黙」な自分を演じているし、もしかしたらウェブ上でも「桐生景一」というものを演じているだけなのかもしれない。
高校んときは仲間内でほんとの自分を出した時「○○君ってこんな人だったんだ」とか言われたこともある。
日南子の「でも演じている自分もそうでない自分も本当の自分なんだよ(棒読み)」はけど印象に残った言葉だった。
そういえば某人の言葉でこんなのがあったっけ。

「自分探しだと!?お前はそこにいるだろうが」

そういえば原作があるみたいなんで原作読んでみたいなあ・・・。図書館で借りてみるか。


・・・日南子が昔好きだった人に横顔とか雰囲気が似ててドキドキしたのはヒミツ。
ファンにはなりませんが。

テーマ:今日のレンタルDVD/ビデオ - ジャンル:映画

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://20flight.blog3.fc2.com/tb.php/1089-28432be9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Last.fm

プロフィール

桐生景一

QRコード

携帯版はこちら

ウェブリング

参加ウェブリング

太陽とくしゃみ同盟WEBRING

[prev5|previous|next|next5]

[random|list sites]

最新コメント
どく×あま!
Twitter

フォローお願いします。

最新の記事
月別(表示数指定)

最新トラックバック
カテゴリ
ブログ検索

リンク
Blogpet

可愛がってやってね



RSSフィード

RSSフィードはこちらから

RSS

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧