さびしさの方程式

Equation of loneliness

Category : 
tag :  ネコ 漫画
今日のバイトの帰り、店内フラフラしてるときに「定本ネコマンガ(右)」という本を(σ゚д゚)σ発見!
ポイントもたまってたんで早速買ってみた。
いやあ、もう読んでて悶えた悶えた。
の写真にセリフや落書きをしてそれを並べて漫画風にしてるんだけど、面白いし、可愛い可愛い
でもなんかの特徴は良く捉えられてた(笑
この本を電車とかで読むと危険だな。
(・∀・)ニヤニヤが止まらなくなるから相当怪しい人に思われそう、ほら、春だし(違

この本、右の他に左があるらしいけど、それは店内ではみっけられなかった。多分ないんだろうから、ネットで買おうかと考え中・・・。
そしてまた悶えるのだろう、の佐藤さんに(笑


定本ネコマンガ (右) 定本ネコマンガ (右)
デスノバ (2000/02)
講談社

この商品の詳細を見る


定本ネコマンガ (左) 定本ネコマンガ (左)
デスノバ (2000/02)
講談社

この商品の詳細を見る

テーマ:この本買いました - ジャンル:本・雑誌

Category :  写真
tag :  公園

そんなこんなで、公園の中でまた別のたち(σ゚д゚)σ発見。

 

公園の猫 036

 公園の猫 037

公園の猫 043 

遊んでるとさっきの猫たちも合流。
みんなしばらく遊んでいると触らせてくれた(笑
眠かっただけかもしんないけど。

公園の猫 047

 公園の猫 046

公園の猫 056

公園の猫 052

公園の猫 057

そうして猫と戯れること1~2時間。
うちの猫以外の猫たちと遊んだのは久しぶりだなあ。
いつも追いかけて写真を撮ることはあるんだけど。
飼ってやるわけにはいかないけど、すっごい可愛かった。
また暇があればこの猫たちに会いに行くのもいいなあ。
そんなわけで、今度猫たちの写真を撮ったら今度はいつもみたいに写真ブログに載せると思う。
今日は彼女と一緒にということと、携帯で撮ったということもあって、こっちに載せたけど。
やっぱり、猫は(・∀・)イイ!!
和むね。
もちろん、犬も可愛いんだけど。


[Read More...]

テーマ:猫の写真 - ジャンル:写真

Category :  写真
tag :  公園

そして他にがいないか探していると、また(σ゚д゚)σ発見。
しかも公園の中に4匹くらい。

公園の猫 020

公園の猫 013

公園の猫 026


結構人懐っこくて、彼女と二人可愛い可愛い言いながら触ってた。
たまに抱き上げたりしてね。
ただ、惜しむらくはこんな時に限ってデジカメ持ってき忘れてたこと。
携帯のカメラで撮るしかなかった・・・。
まあ、携帯のカメラにしちゃよく撮れたかな。

公園の猫 033

公園の猫 029

公園の猫 023

こうして猫と戯れて、次は別の場所にいた猫のところへ。
この二匹も来たんだけど(笑
というわけで、続く。


テーマ:猫の写真 - ジャンル:写真

Category :  写真
tag :  黒猫 神社 公園

今日はバレンタインということで、彼女とデートしてきたのだが、朝ネカフェで演劇のビデオ見た後に、に会えるかもしれないということで、 僕がによく会う神社に二人で行ってきた。
会えるかはわかんなかったけれど・・・。
というわけで行ってみたら入り口で黒猫(σ゚д゚)σ発見!
早速追いかける(笑


公園の猫 002
公園の猫 001


そうして追いかけるうちに、別の黒猫発見(・∀・)ニヤ

公園の猫 011

公園の猫 012

そして・・・。
ちょっと続く。


テーマ:猫の写真 - ジャンル:写真

Category : 
tag :  うめめ 癒やし
先日、「うめめ」を買ったときに一緒に「癒やされない犬のほん」も買った。
この本の帯にあった言葉は「ホンネで話そう。」
帯の言葉の通り、たちの普段飼い主にはあまり見せない鋭い表情や疲れた表情が写真に捉えてあった。
たちも疲れることがある。いつも飼い主を癒してばかりはいられないし、たまにはたちも癒して欲しい、本当にたちがそう思ったかどうかは著者にもわからないなんてあとがきにもあったけど、犬たちにとって癒しっていうのはやっぱり飼い主や人間と遊ぶことなのかな、なんて思った。
そうして考えてみると、あまり実家に帰ってもうちの犬と遊んであげてないなあ・・・って思った。
僕の役割だった散歩にも、最近実家帰ってもあまり連れて行ってあげられてないし。
うちはも犬もいるけど、なんかとばっかり遊んでる気もするし、実家帰ったら必ず銀ちゃんと寝てるし。
でもうちの犬をもらってきたのは僕なんだよね、あれは中3のとき・・・。
もっと遊んでやらないとなあなんてこの本を読んで思った今日この頃。

この本のタイトルって「癒やされない犬、のほん」でも区切れるし「癒やされない、犬のほん」でも区切ることができるね。
どっちの意味なのかは、でもなんかこの本読んでると両方使える気がするな。


癒やされない犬のほん 癒やされない犬のほん
江村 伸雄 (2006/07)
新風舎

この商品の詳細を見る




ブログランキング

テーマ:この本買いました - ジャンル:本・雑誌

書くかどうか迷ったけど、やっぱ書こうかな。
今日のNEWS ZEROで動物管理センターでの犬の殺処分についてやってた。
見てて、なんか本当やりきれない思いで見てて泣きそうになった。
取材は福岡市動物管理センターが唯一協力してくれたようだ。不幸な動物たちをあまり増やさないようにするためと…。
福岡県はペットの殺処分率がワーストに入る。
FBSでも夕方のめんたいワイドの中で、週一回「こいぬのココロ」という特集をやってるんだけど、同じ日テレ系列でそれもあって協力してくれたのかもしれない。

そこに収監されてる犬たちの大半は飼い主が、もう飼えないなどの理由で持ち込んだもので、また業者が無責任に生命でなくモノとして増やし、人気犬種に飼い主達が飛びつき、そして飼えないと持ち込む。
ファッション感覚でペットを飼う…、そんな人も増えているのだろう。しかし、持ち込まれて死を待つだけの犬たち。
狂犬病予防法で三日は抑留するが、そのあとは殺される。
その悲しそうな表情といったらなくて、殺される前の犬たちの写真展もVTRの中に出てたんだけど、その表情を見てるだけで泣きそうになった…。

動物管理センター側でもどうにかそんな子達を減らそうと譲渡会やHPでの里親募集などもやってるんだけど、それでも助かる生命は50%で…。
VTRの中でどうやって殺すのかっていうのも紹介されてた。
まず檻の後ろの方が開き、檻が下がって犬は狭い通路に押し出される。そして通路に出た後は金属の機械で犬を端っこまで追い込み、ドリームボックスの中へ入れる。


そして、


二酸化炭素で


窒息死させる。


決して安楽死なんかじゃなくて、酸欠になって苦しいまま死んでいく。
見てて耐えられなかったけど、でも見た。
ほんとになんというか…、やりきれなかった。

ペットは家族っていう。でも、家族というなら、どうしてそんなに簡単に捨てることができるんだろう。
名前もつけて、散々可愛がって、そして飽きたらまるでゴミを捨てるようにポイっっと。モノのように。
その神経がほんとにわからない。
そうやって捨てるんだったら、最初から飼う資格はない。
いや、むしろ講習を受けなければペットは飼えないようにする。ペットショップで犬猫は並べない、売らない。
飼いたい人はそういう動物管理センターなどで講習を受けて引き取る、そうするべきなんじゃないかって思う。

実家で飼っている犬も実は捨て犬だった。
いとこの家の近くに三日分くらいの餌と一緒に捨ててあったのを、おばちゃんが拾ったんだったと思うけど、それを僕が引き取ってきた。
もし、この時に誰も拾ってなかったら今頃彼女の生命は終わっていたかもしれない。
おかげさまで、彼女も今年で7歳。

CHARA2.jpg


たまにしか会えないけど、実家で元気に暮らしてる。
猫も多いから、たまに猫たちに嫉妬して吼えてるもんで、猫たちとはすごく仲悪いんだけど(笑
彼女が幸せだと思っているかどうかは、分からない。
だけど、ペットたちはやっぱり人間がいなくちゃ生きていけない。ある意味人が作り出した動物たちといってもいいくらいで。
だから、こっちで独り暮らしを始めてからは動物飼いたいと確かに思ったこともあるけど、飼い主としての責任というものを考えると、やっぱり寂しい思いをさせるとか、飼い主としての責任を果たせるのか?とか色々思って飼ってない。
自分がサークルとかで忙しくて家になかなかいないっていうのもあったし、実家に連れて帰っても実家の子たちが混乱するかもとか色々思って。

なんかどう纏めたらいいのかようわからん文章になってきたけれども、ほんとに今日の特集を見て考えさせられることは多かった。
VTRの最初の方で紹介されてた「どうぶつたちへのレクイエム」も、辛いけどでも買うか借りるかして読んでみたいと思った。
もし、その本を手に入れて読むことができたらその時にまた感想を書こうかな…。
書けたらだけど。


どうぶつたちへのレクイエム どうぶつたちへのレクイエム
児玉 小枝 (2005/02)
日本出版社

この商品の詳細を見る



それと、今日のVTRの取材の裏側についてレポーターを担当してた知花さんのコメントもNEWS ZEROのHPにあったんでついでに紹介。
知花くららの取材日記

それと、上記の本の著者がHPをたちあげているようなので、こっちも見ておくといいかもしれない。
どうぶつたちへのレクイエム

ブログランキング

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

Category :  映画
tag :  にゃんこ The Movie 映画 ぬこ
映画にゃんこ The Movie」のDVDを借りてきてさっきまで見てた。
この映画はめざましテレビが作ってて毎日やってる「きょうのわんこ」の版の一時間拡大版ってとこかな。
めざましで最近は見てないんだけど、たまにきょうのわんこスペシャルってやってるから、それの版って言ってもいいかも。
劇中に登場するのは、洗濯機に飛び込む、凍える大地に暮らす、後ろ足が動かない、銭湯の看板娘、飼い主を待ち続ける、命の恩人を待ち続ける猫、島の猫たち、中華街の招き猫などなど…。
愛らしかったりほっとしたり、ほろっと感動させられそうだったり。

20061112041347.jpg


もうなんか、猫好きにとっては最高の映画かもしれない(笑
猫が首をかしげると自分まで首をかしげてしまうのはなぜだろねえ。
なんか、感動するような場面も時折あったけど、でもほっとする映画っていうのかなあ、自然と猫たちを見てると笑顔になれた気がする。
でもこれ撮影は監督自身がやってんだね。
猫がなかなか思いどおりに動かないようで大変そうだった。
確かに猫を撮る時の苦労ってすごくわかる…。

20061112041643.jpg


俳優猫じゃなくて普通の猫だから仕方ないのかもしれないけど、僕の場合写真で猫を撮ってるけど、これが映像で、しかも映画でってなると難しいんだろうなあ。
よく頑張って撮ったと思うし、ほんと、いい映画だったなあ。
なんだかんだで癒される(笑
普通の映画もいいけど、たまにはこんな映画を見て癒されるのも(・∀・)イイ!!のでは?


にゃんこ THE MOVIE にゃんこ THE MOVIE
にゃんこ ザ・ムービー (2006/07/22)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る



ブログランキング


テーマ:DVD - ジャンル:映画

Last.fm

プロフィール

桐生景一

QRコード

携帯版はこちら

ウェブリング

参加ウェブリング

太陽とくしゃみ同盟WEBRING

[prev5|previous|next|next5]

[random|list sites]

最新コメント
どく×あま!
Twitter

フォローお願いします。

最新の記事
月別(表示数指定)

最新トラックバック
カテゴリ
ブログ検索

リンク
Blogpet

可愛がってやってね



RSSフィード

RSSフィードはこちらから

RSS

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧