FC2ブログ

さびしさの方程式

Equation of loneliness

有川浩さんの「シアター!」が出てたので早速買ってきた。
しかもメディアワークス文庫創刊!!
でも近所の本屋になかったので紀伊国屋書店に行ったらまだ棚出しされてなくて裏から持ってきてくれた(笑
というわけで購入。
しかも、数少ない演劇という世界を描いた小説の中でこれはチョコレートコスモス下北サンデーズ等とは違い裏方視点、しかも制作サイドから描いたものだというから珍しい(笑
小劇団とは行っても作中に出てくるシアターフラグという劇団は客入りも1500程でそこそこ人気のある劇団、しかもしっかり舞台監督やPAスタッフ等がついてるので恵まれていると思う。
本当に悲惨な小劇団とかもあるので・・・。
ただ、こうも徹底して劇団の経済状態を描いた小説って本当に初めてだ(笑

作中で司は制作ではないと言い張ってたものの、傍から見れば敏腕制作です(笑
鉄血宰相とはよく言ったもの。
ただ逆に言えば演劇という世界になかなか読んでいて入り込めないのもやはり視点が裏方からだからというのはあるのかもしれない。
もちろん、芝居を作って宣伝してという努力は伝わってくるのだけど、どうにものめり込めない所があったりして、そこは気になるところだった。
だけど、芝居という世界を知らない人が読むにはこれでも良かったのかもしれない。
もう少し芝居部分は芝居部分で徹底して書いてもらいたかった気もするけど。

今回、有川作品には珍しくラブコメらしきものはあるけど、全快じゃない。
そこがいいんだろうけど(笑
公演も一回きりでこの後続く、という感じだけれども続編を作ったら作ったでどうなんだろうとも思ったりする・・・。出たら読むけど。

ただ、読んでいて久しぶりに芝居の世界に関わりたくなってきた。
学生時代、裏方をやっていたのが思い出される。
本番中のトラブルとか日常茶飯事だったからなあ・・・。
さすがに本番中小道具紛失なんてことはなかったが(笑
今思えば勘弁してもらいたいものがあったりするが、でも懐かしい思い出。

この「シアター!」はTheatre劇団子という劇団を取材してできあがったようで。
名前も初めて知ったのだけど、DVD余裕があったら取り寄せてみようかな。

シアター! (メディアワークス文庫)シアター! (メディアワークス文庫)
(2009/12/16)
有川 浩

商品詳細を見る

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

恩田陸さんの「中庭の出来事」を読んだ。
舞台は中庭。
現実と虚構を行ったりきたりして、一個の舞台を中心に四つの死にまつわるエピソードが展開していく。


中庭の出来事中庭の出来事
(2006/11/29)
恩田 陸

商品詳細を見る



以下で感想なぞ
[Read More...]

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

いしいしんじの「トリツカレ男」を図書館で読んだ。
キャラメルボックスによって舞台化されたのだけど、そっちはまだ見てないんだよなあ。
最近よく地元の図書館に行くようになったんだけど、なんかないかなって思っているときに、舞台化もあって読んでみた。

以下ネタばれ

トリツカレ男 (新潮文庫)トリツカレ男 (新潮文庫)
(2006/03)
いしい しんじ

商品詳細を見る

[Read More...]

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

Category :  まじめな話
tag :  滑舌 業界用語 演劇
はいバイトでかなり滑舌の悪い僕だったりする。
口がまわんねー、やべえ(笑
ところで、この「滑舌」という言葉、辞書に載ってないらしい。
理由は業界用語だから。

ARTIFACT@ハテナ系 - 「滑舌」は広辞苑には載ってない

そういえばうちのMS-IMEも「滑舌」を「勝つ舌」と変換しやがる・・・(;´Д`)
でも元が業界用語だと知らずに使ってる言葉ってあるなあ。
逆に使いやすいけど外では業界用語なので使いにくい言葉もある。
メンテ(綿テープ)とか、ナグリ(トンカチ)とか諸々。


・・・ああ、発声練習がしたい。
でもやるとこがねえ。
うちでやったら迷惑だし。

外郎売りでも読んだら少しはよくなるかもしれんな・・・

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

久しぶりに舞台を見に行ってきた。
今日行ったんは熊本の劇団市民舞台」さんの45周年記念講演「頭痛 肩こり 樋口一葉
井上ひさしさん作のものらしい。

劇団市民舞台」さんは熊本で一年に一度舞台をやっている劇団で、僕も大学2年の頃から、友達が手伝ってる縁で見に生かせてもらってる。

んでもって今日見てきたもの。
物語は樋口一葉が作家を志してから亡くなるまでの8年間を家族を通して描いたもので、一幕ごと、その描かれてる時期はお盆。

面白かったんは、花蛍という幽霊役の人が、主役を食ってたこと。
上手かったなあ。
目立つ役でもあったっていうのもあるんだけど。
ユーモアのあるとこと、不気味なとこと、どっちもメリハリがついててすごかった。

気になったのは、主役の夏子さんをやってた役者さんが若干カミカミだったとこかなあ…。
長ゼリばっかりだから仕方ないのかもしれないけど、やっぱりちょっとかみ過ぎっていう気分にはなってしまった。
それと、暗転幕を使うのはいいのだが、場転がうるさい…。
完全に音を消すのは確かに不可能なんだけど、ただでさえ暗転中は客が覚める、しかも暗転中、音が流れてないとこもあったから余計に。

でも久しぶりに自分のいたとこ以外の舞台を見れたんは、ほんとに勉強になったな。
来月は劇団第七インターチェンジさんの舞台を見にいく予定。

ブログランキング

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

CARAMELBOX PRESS ON THE WEBにて、キャラメルボックスの舞台版「雨と夢のあとに」をやっていたので(有料)、見たかった舞台をやっと見ることができた。
ほんとは生で見たかったけど。
んでもって、やっぱりというか、ほんと泣けた。

雨と夢のあとに DVD-BOX 雨と夢のあとに DVD-BOX
黒川智花 (2005/09/22)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る


[Read More...]

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

Category :  テレビ
tag :  佐々木蔵之介 演劇 舞台
初めてサンデーズの芝居のストーリーがわけわかったなあ。
今まではほんと、わけわからんストーリーっていうか…。
でもあれだけの人数で10日で本番て、舞台セットとかどうやって作ったんだ…。
シンプルな舞台セットだったけど、あれ作るのにやっぱ日数かかるし、音響、照明プラン、やっぱ全て演出の芥川が立てたんだろうか。
3時間で台本書き上げたんだからやりかねんが…。
でも本番、佐々木蔵之介だけが( ゚Д゚)ウマーな気がするのは気のせい?
っていうか他の役者は…、微妙に棒読みがおったぞ。
特に竹山がひどい…。
でも舞台上の佐々木蔵之介が見れただけよかったかも。


ブログランキング

テーマ:下北サンデーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ

好きでも続けられないことがある。僕も今まで色んな事情で辞めていく人を見てきたけれどもやっぱり辞めてしまうには惜しい人がいる。
僕も辞めたいとやっぱり思うことはあった。
結局引退まで続けたけれども、続けてるといろんな葛藤があるよね。
辞めていく人を見ているのは寂しい。
でもそれを選んだなら仕方ないかなとも思う…。
止める立場にはあまりなったことはないけれども。
だけど、芝居が好きって気持ちは、好きだけじゃ続けられない世界かもしれないが、やっぱり最後は好きな気持ちが矛盾してるかもしれないけど勝ってしまう。

ところで台詞が飛んだ時っていうのはいかに周りの役者がサポートできるかにあるんだろうなあ。
サンボがサポートして引っ込めてたけど苦しそうだった。
僕も演出して、その時の舞台で役者が台詞飛んで舞台が止まった時があったけど、ああいう時って30秒くらいでもすごい長く感じるよな…。


ブログランキング

テーマ:下北サンデーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ

Last.fm

プロフィール

桐生景一

QRコード

携帯版はこちら

ウェブリング

参加ウェブリング

太陽とくしゃみ同盟WEBRING

[prev5|previous|next|next5]

[random|list sites]

最新コメント
どく×あま!
Twitter

フォローお願いします。

最新の記事
月別(表示数指定)

最新トラックバック
カテゴリ
ブログ検索

リンク
Blogpet

可愛がってやってね



RSSフィード

RSSフィードはこちらから

RSS

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧