FC2ブログ

さびしさの方程式

Equation of loneliness

有川浩さんの「シアター!」が出てたので早速買ってきた。
しかもメディアワークス文庫創刊!!
でも近所の本屋になかったので紀伊国屋書店に行ったらまだ棚出しされてなくて裏から持ってきてくれた(笑
というわけで購入。
しかも、数少ない演劇という世界を描いた小説の中でこれはチョコレートコスモス下北サンデーズ等とは違い裏方視点、しかも制作サイドから描いたものだというから珍しい(笑
小劇団とは行っても作中に出てくるシアターフラグという劇団は客入りも1500程でそこそこ人気のある劇団、しかもしっかり舞台監督やPAスタッフ等がついてるので恵まれていると思う。
本当に悲惨な小劇団とかもあるので・・・。
ただ、こうも徹底して劇団の経済状態を描いた小説って本当に初めてだ(笑

作中で司は制作ではないと言い張ってたものの、傍から見れば敏腕制作です(笑
鉄血宰相とはよく言ったもの。
ただ逆に言えば演劇という世界になかなか読んでいて入り込めないのもやはり視点が裏方からだからというのはあるのかもしれない。
もちろん、芝居を作って宣伝してという努力は伝わってくるのだけど、どうにものめり込めない所があったりして、そこは気になるところだった。
だけど、芝居という世界を知らない人が読むにはこれでも良かったのかもしれない。
もう少し芝居部分は芝居部分で徹底して書いてもらいたかった気もするけど。

今回、有川作品には珍しくラブコメらしきものはあるけど、全快じゃない。
そこがいいんだろうけど(笑
公演も一回きりでこの後続く、という感じだけれども続編を作ったら作ったでどうなんだろうとも思ったりする・・・。出たら読むけど。

ただ、読んでいて久しぶりに芝居の世界に関わりたくなってきた。
学生時代、裏方をやっていたのが思い出される。
本番中のトラブルとか日常茶飯事だったからなあ・・・。
さすがに本番中小道具紛失なんてことはなかったが(笑
今思えば勘弁してもらいたいものがあったりするが、でも懐かしい思い出。

この「シアター!」はTheatre劇団子という劇団を取材してできあがったようで。
名前も初めて知ったのだけど、DVD余裕があったら取り寄せてみようかな。

シアター! (メディアワークス文庫)シアター! (メディアワークス文庫)
(2009/12/16)
有川 浩

商品詳細を見る

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

本日のトップランナーは有川浩さんだった。
有川さんがトップランナーに出るってのは有川日記で知ってたものの、思い出したのは昨日サラNEO見終わってからCM見た時だった。
有川さん、本に載ってる写真とはちょっとイメージ違うなあって感じだったけど、でも実際好きな作家さんを見れたので嬉しかった。

いつもは後書きで見る有川さんしか知らないからね。
そんな有川さんが一時間近くテレビで喋ってる。

有川さんがライトノベル作家って自称してる理由は後書きやインタビューでたまに見るけどやっぱりライトノベルに育てられたって思いや、大人にも読んで欲しいっていうのを意識してるのかな?
おっさんが主人公のラノベなんてなかなかないけど・・・(笑

それにしても、アニメで堂上役の前野さんが出てきたのにはびっくりした。
しかも堂上役で原作の冒頭を朗読。
ああ、相変わらず熱い(笑
メディア良化法のことについてちょっと触れるかなっと思ったけどNHK的にはやっぱりスルーなのか・・・。
他局(フジ)のアニメが出てきたんはびっくりだったけど。
あとは郁役の井上さんあたりに出てきて欲しかったけど、さすがにないか。

有川さんが自衛隊にしょっちゅう取材に言ってるのは日記やらで窺うことができるんだけど、マジで戦闘機内で恋愛話とかしてんのね(笑
しかもイーグルのコックピットの中で。

あと、有川さんの夫婦関係がなんか素敵だなあ。
「旦那は自分にとっての外付けHDD」と言ってたけど、旦那さんにアイデアの種出してもらってそれであそこまで膨らませる(曰く頭の中で勝手に動くらしいが)のも作家に必要な才能だよね。
頭の中で勝手に登場人物が動くっていうのは僕も物語書いてたし、友達も似た様なこと言ってたけど。やっぱり書いてる自分が気恥ずかしくなるっていうのは経験がある。
だけど、自分はカメラだからそれを冷静に文章にしてるということだった。
まあ、その分読んでるこっちが気恥ずかしくなるのが「別冊図書館戦争Ⅰ」と「ラブコメ今昔」だったりする。

そういえば、「阪急電車」は大人向けラノベって言ってたけど、あれラノベだったんだ・・・。
そして「空の中」の白鯨はラピュタなのか・・・。

そんな感じで終わったトップランナーだったけど、40分くらいとはいえ、やっぱり好きな作家さんを見れるのは嬉しいな。
でも本当はもう少し突っ込んだ話も聞いてみたかった気はするけど、番組の構成と尺上仕方ないのかな。

あと、「図書館の自由に関する宣言
番組は図書館でロケやってたけど、あの図書館にはなかったのか・・・?
大概の図書館には入り口に貼ってあるもんなんだけどな。
それ写せばよかったのに、と思ったりした。

それはそうと、自衛隊三部作のうちどれか、アニメ化か実写にしてくんないかな。
怪獣ものとして(笑
一番は「空の中」かもしれないけど。
海の底」は潜水艦内に籠城するのは面白いけど怪獣の結末があれだからなあ。
ドラマ性という面では「塩の街」もいいけど。ただ、あれは実写には向かないか。

なんてことを考えながら見てた今日のトップランナーでした。

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

Last.fm

プロフィール

桐生景一

QRコード

携帯版はこちら

ウェブリング

参加ウェブリング

太陽とくしゃみ同盟WEBRING

[prev5|previous|next|next5]

[random|list sites]

最新コメント
どく×あま!
Twitter

フォローお願いします。

最新の記事
月別(表示数指定)

最新トラックバック
カテゴリ
ブログ検索

リンク
Blogpet

可愛がってやってね



RSSフィード

RSSフィードはこちらから

RSS

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧