FC2ブログ

さびしさの方程式

Equation of loneliness

昨日は彼女と映画「どろろ」を見てきた。
どろろはこの前の記事の通り、手塚治虫氏のマンガを映画化したもの。前評判は結構いい感じだったんで、期待してたんだけど、期待通りというか、かなり面白かった。
日本人が作るんでも、ここまでできるんだと。

どろろ〈上〉 どろろ〈上〉
手塚 治虫、NAKA雅MURA 他 (2006/12)
朝日新聞社

この商品の詳細を見る



以下ネタバレ
[Read More...]

テーマ:どろろ - ジャンル:映画




昨日、色んな本屋を回って「どろろ」全三冊を買ってきた。一巻は明倫堂、二巻はブックオフ、三巻は紀伊国屋で。
実際は三巻から買っていったんだけど、一巻がどこに行っても見つからなくて明倫堂でやっと入手できた。
本屋が多い久留米とはいえ、探して回るのはなかなか大変だったよ・・・(;´Д`)
そんなわけで、早速全三巻一気に読んでしまった。

物語は醍醐景光が、自分が天下人となるために魔物に息子の肉体を捧げるところから始まる。そうして48体の身体の一部を奪われ生まれた子供は捨てられ医師である寿海に拾われ身体、彼によって欠損した身体を補われ、彼によって育ての父として育てられ、百鬼丸という名前を付けられる。
だが、百鬼丸を狙う魔物により次第に普通の生活ができなくなり、彼は旅に出ることになる。そして旅の途中で、48の魔物を倒せば完全な身体が手に入るということを何者かに告げられ、以後彼は魔物退治の旅をしていくことになる。
そして旅の途中で彼の腕の刀を狙う泥棒どろろに会い、以後二人は一緒に旅を続けることになる。


どろろ (第1巻) どろろ (第1巻)
手塚 治虫 (1974/09)
秋田書店

この商品の詳細を見る


[Read More...]

テーマ:書籍紹介 - ジャンル:本・雑誌

というか、「人生という名のSL」だけど、あんなチョロっと使うんじゃなくて、もうちょいちゃんとやってほしかった。
原作どおりでなくてもいいから…。
あれはあれで趣のある話だからなあ…。
あれ単発のほうがなあ…。
気を失ってる時の夢じゃなくてさ…。


ブログランキング

テーマ:今日見たテレビ番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

Last.fm

プロフィール

桐生景一

QRコード

携帯版はこちら

ウェブリング

参加ウェブリング

太陽とくしゃみ同盟WEBRING

[prev5|previous|next|next5]

[random|list sites]

最新コメント
どく×あま!
Twitter

フォローお願いします。

最新の記事
月別(表示数指定)

最新トラックバック
カテゴリ
ブログ検索

リンク
Blogpet

可愛がってやってね



RSSフィード

RSSフィードはこちらから

RSS

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧